雪 月 花

南カリフォルニア・サンディエゴから日本へ永住帰国。 ゆらゆらと漂う気まま生活

日本からプレゼントが届いた!!

先日の暑さも少しは和らいで、過ごしやすい陽気にはなったけれど、やっぱりお昼を過ぎると、うだる暑さであることにかわりはなく、ダラッとした日々が続いている。

20060629044358.jpg

きーぼうも、大理石タイルとバスルームを行ったり来たりして、より涼しいスポット探しに余念がない。
そんな中、
megmon天国?のmegmonから、結婚式のお祝いが届いた!!
改めて紹介すると、彼女とは日本にいたころ働いていた会社で、席が隣になったのをきっかけに仲良くなった友人で、ランチタイムにはバカな話ばかりして大騒ぎして、廊下を挟んだ向かい側の部屋から課長がやってきて、「もー、うるさいよ!!」と、怒られるほどの暴れっぷり。
私が渡米してからも、変わらぬ友情が続いている。
そんな彼女が、「結婚式、呼んでくれたのに行けなくてごめんね。」と、手紙を添えて、プレゼントを送ってくれた。

20060629044419.jpg

はっきり言って、感動した

そして、笑った。

お祝いのご祝儀袋の中の封筒には、「  ではない」と、思いっきり、気持ちよく書かれており、それがツボに入って爆笑!
すんげー、megmonらしー!!
沖縄からの「魔除」って彫られているお土産も入ってた。どうやらこれが本命らしい。あはは!!
megmon、本当にありがとう!!
なんだか暑さにふさぎ気味だった気分も、これで一気に吹き飛んだ!
なんだか気分がよくなったので、さくらんぼを食べた。何の脈絡もないけど。
レーニアという品種で、割と大粒。いわゆるアメリカン・チェリーと比べると。。。どうなの?美味しいの?

20060629044435.jpg

世間一般では美味しいとされているこのさくらんぼ。見た目は佐藤錦?
でも、なんだか???
美味しいっちゃ美味しいが、期待したほどではなかった。残念。
ちうか、私が佐藤錦を意識しすぎてただけか。
でも、アメリカのフルーツ全般から考えた場合、このさくらんぼ、合格です。



  1. 2006/06/28(水) 12:22:36|
  2. 銀子のアメリカ日記|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

暑くてたまんない

昨日と今日、とにかく暑くて暑くてたまんなかったよ〜。。。
昨日は熱帯夜で眠れなかったし、朝から吹く風は熱風だし、耐えられん!
午後2時前の温度、今日は外で38℃、室内でも32℃だった。
そんな中、なぜかせっせと料理していた私。ショーンが帰ってくる頃には、レンジの熱も加わって、室内の温度は35℃にまでなっておりました。
窓を開けると、余計暑い空気が入ってきて逆効果なので、締め切ったままで過ごす午後は地獄さながらでございました。
エアコンの入れ方が分からず、途方に暮れて数時間経ったところで力尽きてしまった。
熱中症気味だったのでございましょう、カウチに倒れこんでいたところをショーンに救助され、一命を取り留めました。
顔と足とに、ヒンヤリヒヤヒヤの濡れタオルを掛けられ、小1時間ばかり休んでやっと復活。
気が付けば、きーぼう&ももちゃんも、干乾びる寸前。
こりゃいかん!なんとかせねば!!
ってことで、近所のホームセンターに行って、大理石のタイルを買ってきた。
高かったらどうしようと思ってたけど、思いのほか安くて、ほっと一安心。
5枚$10のセール品を買い込んで家に帰りつくと、きーぼうが興味津々!!
早速横になりご満悦♪

20060627120450.jpg

「冷たくて気持ちいー!」

ももちゃんが恐る恐るタイルに近づこうとすると、「ダメ!これボクのなんだから!」と、意地悪なきーぼう。

20060627120721.jpg

余程気に入ったのね。
しばらくはこのタイルから降りられずに、ずっと涼しそうにくつろいでおりました。

5枚買っといてよかったー。あとの2枚はももちゃん用かな。きっとこれからは昼間それぞれのタイルの上で寛ぐ2人が見れるはず。

最初は恐々足だけ乗せて、タイルの感触を確かめていたけど、最後には恐がりながらだったけど、ももちゃんもちゃんと乗れましたー♪
よかったねぇ、ももちゃん。冷たくて気持ちいいねぇ。

20060627120409.jpg

これからは、この上で思う存分涼んでくれたまえ。

しかし、私達人間の方は大理石のタイルで寛ぐわけにもいかず、仕方ないのでアイスクリームで我慢。
あー。。。生き返るわ〜。

20060627120430.jpg

さっきショーンからエアコンの使い方も教わったし、明日からは快適に過ごせますように。。。

こんな暑い中、いい事も少しはある。
種から育てたお花が咲きました。なんのお花かはわからないけど、かわいらしゅうございましょう。

20060627124006.jpg




  1. 2006/06/26(月) 19:44:08|
  2. 銀子のアメリカ日記|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

フレアワンピース

またまたワンピースを作りました。
今回は、少し雑誌を参考にしながらのパターン作り。
ウエストでは切り替えずに、4枚はぎのフレアワンピースでございます。なかなか大変でした。
でも、かわいらしくできたと思いますよ。
今回は、前ボタン開きのドレスです。
布はコットン100%。なんだかレトロな雰囲気のプリントがすごく愛らしいと思いません?

20060624024038.jpg

後ろは、なんてことなく普通です。

20060624024009.jpg

全体像は、こんな感じ♪
裾は切りっぱなしにして軽くしてみた。

20060624024053.jpg

着心地もすごくよくて、とても涼しい♪
今年の夏は大活躍してくれそうな予感がするよー!!



  1. 2006/06/24(土) 14:10:13|
  2. HAND MADE|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

第二次世界大戦時における在米日系人部隊の活躍

彼らの苦しみ、活躍なくしては、現在の日系移民のアメリカでの安住はなかったことでございましょう。
感謝しなければなりませんね。
こんな日系部隊がアメリカに存在していたとはまったくもって知りませんでした。

以下は百科事典からの引用です。


第442連隊戦闘団

第442連隊戦闘団(1944年、フランス)第442連隊戦闘団(だい442れんたいせんとうだん 英:442nd Regimental Combat Team)は第二次世界大戦中のアメリカ合衆国陸軍において日系アメリカ人のみで編成された部隊。
ヨーロッパ戦線に投入され、枢軸国相手に勇戦敢闘した。
その激闘ぶりはのべ死傷率314%(のべ死傷者数9,486人)という数字が雄弁に物語っている。
さらにアメリカ合衆国の歴史上、もっとも多くの勲章を受けた部隊としても有名。

20060625141109.jpg



日系人部隊の編制
1941年12月の真珠湾攻撃に伴い、アメリカ合衆国は大日本帝國に対して宣戦を布告。
1942年2月、アメリカ西海岸に居住していた日系人らは、ほとんどの財産を没収された上で強制収容された。
ハワイ居住の日系人は、全体の人口に対して、その率があまりにも多く社会が成り立たなくなると考えたハワイ当局が日系人らの強制収容を行わなかった。

アメリカ軍は、日本軍のハワイ侵攻を恐れており、その際の日系人社会の動向を不安視していた。
1942年6月、在ハワイの日系二世の陸軍将兵、約1,400名は「ハワイ緊急大隊」に編成され、ウィスコンシン州に送られた。
同地のキャンプ・マッコイで部隊は再編され、独立部隊「第100歩兵大隊」(100th infantry battalion)と命名される。ここで部隊は訓練を重ね、1943年1月にはミシシッピー州のキャンプ・シェルビーに移駐する。

第二次世界大戦の戦争目的として、日本は白人支配からの打倒を謳い、アメリカでの日系人の強制収容を白人の横暴の実例として宣伝していた。
アメリカはそれに反駁する必要に迫られ、日系人の部隊を編制することになった。第100歩兵大隊が軍事訓練において ひときわ優秀な成績をあげたこともこれを後押しした。

1943年2月、日系人による連隊規模の部隊が編制されることが発表され、志願兵の募集が始められた。
部隊名は第442連隊戦闘団、歩兵連隊に砲兵大隊、工兵中隊を加えた独立戦闘可能な連隊戦闘団として編制されることとなった。
ハワイからは2,600人、アメリカ本土の収容所からは800人の日系志願兵が入隊した。在米収容所からの入隊者が少ないのは、その「収容所」における親日派・親米派の対立や境遇が影響している。

ヨーロッパ戦線での活躍
日系人部隊は当初、白人部隊の「弾除け」にされるのでは、という軍上層部の危惧により戦闘には投入されなかった。
1943年8月に北アフリカのオランに到着した第100歩兵大隊は9月22日に第34師団第133連隊に編入され、イタリアのサレルノに上陸した。
29日にはドイツ軍と遭遇し、初の戦死者を出した。
1944年1月から2月にかけて、ドイツ軍の防衛線「グスタフ・ライン」の攻防において激戦を繰り広げた。
5月には、ローマ南方の防衛線「カエサル・ライン」の突破にも活躍している。ローマへの進撃の途上で激戦地モンテ・カッシーノでの戦闘にも従事し、多大な犠牲を払った。
部隊はベネベントで減少した兵力の補充を受け、ローマを目指したが、軍上層部の意向によってローマを目前にして停止命令が出され、後からやってきた白人部隊が1944年7月4日に入城してローマ解放の栄誉を手にした。結局、部隊はローマに入ることを許されず、ローマを迂回しての北方への進撃を命じられた。

第100歩兵大隊は、6月にイタリアに到着していた第442連隊戦闘団本隊と合流し、ベルベデーレ、ピサなどイタリア北部での戦闘を続けた。

1944年9月に部隊はフランスへ移動し、第36師団に編入された。10月にはフランス東部アルザス地方の山岳地帯で戦闘を行う。
10月15日以降、ブリュイエールの街を攻略するため、周囲の高地に陣取るドイツ軍と激戦を繰り広げた。一帯は、山岳・森林地帯であるため戦車が使えず、歩兵の力のみが頼りであった。
20日には町を攻略したものの、第36師団長J・ダールキスト少将の命令により、引き続き町東方の攻略を継続した。なお戦後のブリュイエールでは、部隊の活躍を記念して通りに「第442連隊通り」という名称がつけられた。
なお、ブリュイエールでは1994年10月15日には442連隊の退役兵たちが招かれて解放50周年記念式典が執り行われている。

1944年10月24日、第34師団141連隊第1大隊(通称:テキサス大隊 テキサス州兵により編制されていたため)がドイツ軍に包囲されるという事件が起こった。彼らは救出困難とされ、「失われた大隊」(Lost battalion)と呼ばれ始めていた。
10月25日には、第442連隊戦闘団にルーズベルト大統領自身からの救出命令が下り、部隊は出動した。休養が十分でないままの第442連隊戦闘団は、ボージュの森で待ち受けていたドイツ軍と激しい戦闘を繰り広げることとなる。
部隊の攻撃は激しく、隊員たちはバンザイを叫んで攻撃を繰り返した。

10月30日、ついにテキサス大隊を救出することに成功した。しかし、テキサス大隊の211名を救出するために、第442連隊戦闘団の約800名が死傷している。
救出直後、442部隊とテキサス大隊は抱き合って喜んだが、ある白人兵が「なんだジャップか」と吐き捨てたのに対し、442部隊の隊員が「俺たちはアメリカ陸軍442部隊だ。言い直せ!」と迫ったという逸話が残されている。
この戦闘は、後にアメリカ陸軍の十大戦闘に数えられるようになった。

再編制を行った第442連隊戦闘団はイタリアに移動し、そこで終戦を迎えている。傘下の第552砲兵大隊は、フランス戦後はドイツ国内へ侵攻し、ドイツ軍との戦闘のすえにミュンヘン近郊のダッハウ強制収容所の解放を行った。
しかし日系人部隊が強制収容所を解放した事実は1992年まで公にされることはなかった。

叙勲
欧州戦線での戦いを終えた後、第442連隊戦闘団はその活動期間と規模に比してアメリカ陸軍史上でもっとも多くの勲章を受けた部隊となり、歴史に名前を残すことになった。
特にその負傷者の多さから、名誉戦傷戦闘団(Purple Heart Battalion)とまで呼ばれた。戦闘団は総計で18,000近くの勲章や賞を受けており、その中には以下のようなものも含まれている。

議会栄誉章 1 (アメリカ軍における最高の栄誉。セラヴェッツァ近郊での戦いで数々の殊勲をあげ、1945年4月5日に友軍をまもるために、投げ込まれた手榴弾の上に自らの体を投げ出して戦死したサダオ・ムネモリ上等兵が受賞。第2次世界大戦における名誉勲章の授与数は464、そのうち殊勲十字賞から格上げされた20とあわせた21の名誉勲章が442連隊に与えられている。)

陸軍殊勲十字章 52 (このうちの20に関しては、2000年6月に再調査の上で名誉勲章に格上げされた。)

銀星章 560 (複数回獲得を表す樫葉の追加28)

勲功章 22

陸軍軍人章 15

銅星章 4000 (+樫葉追加が1200)

名誉戦傷章 9486

442連隊の戦後
日系人部隊の輝かしい活躍と目覚しい勲功とは裏腹に、戦後のアメリカ白人の日系人への人種差別に基づく偏見は変わることがなかった。
部隊の解散後、アメリカの故郷へ復員した兵士たちを待っていたのは「ジャップを許すな」「ジャップおことわり」といったアメリカ人たちの冷たい言葉であり、激しい偏見によって復員兵たちは仕事につくこともできず、財産や家も失われたままの状態に置かれた。

このような反日系人的な世論が変化するのは1960年代を待たなければならなかった。
1960年代のアメリカにおける人権意識、公民権運動の高まりの中で、日系人はにわかに「模範的マイノリティー」として賞賛されるようになる。

442連隊戦闘団は1946年にいったん解体したが、1947年には予備役部隊として再編制された。ベトナム戦争が起こると、1968年には不足した州兵を補うために州兵団に編入された。
現在、第442連隊のうち、第100大隊が予備役歩兵部隊として残っている。部隊は、本部をハワイのフォートシャフターに置き、基地をハワイ、米領サモア、サイパン、グアムなどに置いている。
部隊は統合や再編制を繰り返してきたにもかかわらず、依然として主力をアジア系アメリカ人がしめていることが興味深い。

2004年8月に、第100大隊は第29独立歩兵旅団(ハワイ州兵)の大隊機動部隊の一つとして、イラクにおける任務のために活動を再開した。
部隊はハワイのスコーフィールド・バラックス(Schofield Barracks)にて動員され、テキサス州のフォート・ブリス(Fort Bliss)で2004年一杯訓練を受けた。その後、ルイジアナのフォート・ポーク(Fort Polk)で練成度を確認され、2005年3月よりイラクで任務についている。


著名な出身者
ダニエル・イノウエ ハワイ州選出下院議員(1959年-1962年)、ハワイ州選出上院議員(1962年-)
スパーク・マツナガ ハワイ州選出下院議員(1962年-1976年)、ハワイ州選出上院議員(1977年-1990年)



  1. 2006/06/23(金) 18:17:27|
  2. アメリカ|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

まずそうなパイと、自己紹介バトン

先日から、我が家の冷蔵庫の中でじっとしている白桃をどうにかせねばと、ネットで色々なレシピを探してみたところ、うちにある材料でできそうなのを選んで作ってみました。
うちにある材料事態もビミョウにちぐはぐだったんだけど、そのおかげで見た目めちゃめちゃまずそうなフレッシュピーチ・パイになっちゃった。

はい、コレ。

20060623045500.jpg

紫色のゼリーの中に白桃がプカプカ浮いています。
レシピでは、オレンジゼリーの素を使えと書いてあったのだけれども、うちにはぶどうゼリーの素しかなかったので、それを使ったらこうなった。
作っている最中から、なんだかなーな感じだったもんだからまるで期待してなかったけれど、食べてみたら、もともと味の薄い白桃に、ぶどうの風味が合わさって、なかなか美味でございますぅ〜♪
ゼリーのぷるんとした食感も美味しくて、暑い夏のデザートに最適♪

ぶどう風味のピーチパイ

なんて聞いたこともないけど、作ってみたい方いらっしゃいましたらレシピ公開いたします。。。

ここからは、☆おきらく駐在妻日記☆の、sphoneyさんからいただきました、自己紹介バトンです。


...続きを読む
  1. 2006/06/22(木) 13:16:02|
  2. 銀子のアメリカ日記|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)
次のページ