雪 月 花

南カリフォルニア・サンディエゴから日本へ永住帰国。 ゆらゆらと漂う気まま生活

EVERYDAY ITALIAN

みなさん、フードネットワークでやってる「EVERYDAY ITALIAN」ってご存知でしょうか。
そう、あのイタリア出身の美女Giada De Laurentiisのお料理番組です。
私は彼女の存在はこるーさんに教わって知ったんだけどね。
「彼女のお料理はどれも簡単なんだけど美味しいんだよ。」と紹介されて興味が沸いたもんだからちょっと前に私もGiadaの本を買ったの。



ね、美人でしょ?
んで、彼女がTVショーもやってると知って、見てみました。しかも食いしん坊のショーンと一緒に。
私達2人とも彼女の美しさに悩殺されつつ、美味しそうな料理が作られていく様子をじーっと見ておりました。確かにどれも簡単そう!しかも激美味そう!!
そこでちょっと挑戦してみることに。

まずは、「Mozzarella Pillows」←クリックするとレシピに飛べるよ。(英語です。でもそんなに難しい英語は使ってないよ。)

以下省略して説明。
冷凍パイシートを薄く延ばして、マリナラソースにモッツァレラチーズを入れたタネを乗せます。



2つに折って上からパルメジャーノを振りかけます。



オーブンで20分ほど焼くと出来上がり♪




焼きたて、超美味い!!


お次は、パスタ「Linguine With Shrimp And Lemon Oil」←これもレシピに飛べます。




めっさ美味い!!

みなさんもぜひ挑戦してみてくれ!!めっちゃ美味しいよ!!


やっぱり日本語で!とのリクエストがありましたので、私の下手な訳ですがご参考になれれば幸いです!


...続きを読む
  1. 2007/05/31(木) 11:00:14|
  2. FOOD!|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:20

ディナークルーズ

5月のサンディエゴは曇りの日が圧倒的に多いんだけど、雨はほとんど降りません。
そんないつも通りに曇った日曜日、ショーンの友達の結婚式がありました。それも豪華ディナークルーズ!お船の上での結婚式だなんてステキですなー。



残念ながらお船の外観は逆光で薄暗くてうまく撮れませんでした。すんません。
でもかなり古そうなそれでいて豪華でステキなお船でございました。





まずお式が厳かな雰囲気で新郎の両親によって執り行われました。
新郎、ベストマン、グルームズマン、ブライズメイド、フラワーガール、リングベアラーが入場した後、新婦がお父上にエスコートされて入場です。
実に美しい花嫁さんでした。



あまりにも厳かな雰囲気で写真を撮るのは憚られましたので、お式の最中の写真はなしです!すんません。

お式が無事終了し、晴れて夫婦になった幸せいっぱいの新郎新婦。



その後、ディナーの準備の間は下の階でカクテルパーティです。
この招待客を退屈させないような細やかな接待も、話によると今回の結婚式は新婦の父上がたいそう奮発したらしく、新婦の招待客への心遣いが表れており素晴らしかったです。
やはり娘の晴れの舞台を最高のものにしてあげたいという親心、美しいではございませぬか!

その間私達も、オードブルを摘みながら歓談など。

20070530003928.jpg

そして美味しくディナーをいただいた後、いよいよお船は出港です。
夜も更けに更け、外は真っ暗ではございましたがサンディエゴ湾をぐるっと1周の旅でございます。
お船が港を離れてからはダンスダンス!
まず、新郎新婦のファーストダンスが披露され、それがまあ本当にすごいダンスでねー。日本人の私からすると、見ているだけなのに穴があったら入りたいくらい恥ずかしくなりました。
そのあとは、それぞれみんな好きなように生バンドの音楽に合わせて楽しくダンス。
その生バンドの歌が本当に素晴らしくてかっこよくて、感動しました。

20070530003938.jpg

最後は幸せのおすそ分け。ケーキカットです。

20070530003920.jpg

20070530003948.jpg

甘い甘いチョコレートのケーキでございました。
ご馳走さまでした♪

20070530003958.jpg



  1. 2007/05/29(火) 09:06:45|
  2. お出かけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:12

中東の風に吹かれた

実は、私が住む町(市)はなぜか中東の方が非常に多い。たぶん市民の1/3は中東系の方々だと思われる。←それは言いすぎ!
なので、近所には中東系のスーパーもあればレストランもたくさんあります。そういうところで見かける女性は全身黒ずくめ(怖い)で、目までもジョーゼットのような薄い布で隠していたりしてホントに人目に肌を晒さない人がいたり、そうかと思うと頭にだけスカーフをマチコ巻き(だっけ?)みたいにしている女性がいたり。どんな違いがあるのかは分からないんだけど、アメリカの中でも人目をを引くようないでたちの方々がいらっしゃいます。
しかし中東と言っても実際それは非常に広範囲。みんながみんな戒律の厳しいイスラム教徒というわけではないらしい。

レバノンの人々はイスラム教徒よりカトリック教徒が大多数らしいのだけど、そんな彼らのお祭りが近所のレバノンの人々が集うカトリック教会で開催されていると聞きつけて出かけていきました。
その名も、「LEBANESE FOOD FESTIVAL 2007」
なんと食べ物の祭典♪



アメリカの国旗とレバノンの国旗が融合してます!素晴らしいじゃありませんか!
このお祭りは毎年開催されているらしいのだけど、去年も一昨年もまったく気付かず。やっぱり知り合いがいないと案外近くてもなかなか知り得ないもんですな。
今回はショーンの同僚でレバノン出身の方に教えてもらいました。









私達が行ったお昼頃にはすでにたくさんのレバノンの方々が来ていて大賑わい。ずっとアラビックな音楽がかけられているし、聞こえてくる言葉ももちろんアラビック。まあ〜なんだか異国だわ〜。
私達もそんな彼らに混じってレバノン料理を堪能しましたわ。



そういや、以前レバノン料理のレストランに行った憶えがあるけど、あれも味付けが未知の領域だったなー。今回のもなかなか面白い味だったよ。もちろん美味しくいただきました♪
その後、レバノン代表との呼び声高いスイーツも試してみました。





これはカステラみたいな甘いスポンジ生地にチーズが挟まってるんだけど、それを温めてチーズがトロ〜リとしたところで、それを更にピタパンみたいなパンに挟んで間にシロップをたっぷり含ませて。。。と、激太り間違いなしのスイーツでございます。
チーズがトローリとして美味しいんだけど、なんせ甘い!!甘すぎです!

その後は元気に遊ぶ子供達を眺めてから帰りました。





ビヨ〜ン



ビヨ〜ン


  1. 2007/05/28(月) 10:01:56|
  2. お出かけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:6

バブーシュ

ここ数日間、ちまちまと自分用のルームシューズを作っておりました。
北アフリカ・モロッコのスリッパの形でバブーシュタイプ。
私が買ったルームシューズの本に作り方が載っていたのだけど、意外と細かい作業が多くて面倒くさがりの私にはハードルが高かったよ。
ミシン自体はすいすいと何の苦もなく簡単なんだけど、なんせ裁断する布が多い!!
しかも当たり前なんだけど、一度に2個同じのを作らなきゃいけないじゃないっすか!面倒〜。。。
でもね、がんばってやっつけました。



一生懸命作ったので仕上がりは上々。
試しに履いてみました。



で、でかっ!!


  1. 2007/05/26(土) 09:29:21|
  2. HAND MADE|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:10

青梅

今はさくらんぼをはじめ、桃や杏などのバラ科の果実の旬ですな。
もちろん梅の実も旬でございます。
日系スーパーにも山盛りで売ってました!そしてその脇に果実酒用のボトルと氷砂糖も一緒に売ってたのです。
ワタクシ、お酒は全然飲めないくせに、それを見たらなぜかどうしても梅酒が作りたくなって青梅を大量に購入。
まんまとスーパーの戦略にハメられてしまったよ。。。



青梅を一晩水に漬けてアク抜きしたあと、早速お酒に漬けてみた!
これで、3〜4ヶ月後くらいから飲めるようになるらしいんだけどね、楽しみじゃあございませんか!!飲めないけど。



これはショーンに飲んでもらう予定なんだけど、私も少しくらいは飲めるといいな〜。
どうか美味しくできますように。


  1. 2007/05/24(木) 07:47:10|
  2. FOOD!|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:12
次のページ