雪 月 花

南カリフォルニア・サンディエゴから日本へ永住帰国。 ゆらゆらと漂う気まま生活

お誕生日&エル3ヶ月

何を隠そう、先週の日曜日はワタクシの誕生日でございました。
なにしろ子育てに奮闘中の我が家ですから、誕生日だからって特別なことは特にありませぬ。要はそれどころじゃないって感じですね。
でも我が家にとっては数少ないイベントの一つでもあるので、久しぶりに生クリームたっぷりの苺のショートケーキでも作りたいところではあったんだけど(って自分が食べたいだけ)、なんせそんな時間はないわけよ。
それでもショーンが何かしてあげたいと思ったらしく、朝から色々と私のために作ってくれたよ。
まず手始めにブランチを用意してくれました。
こちらはショーンオリジナルのパンケーキ。



ブルーベリーのパンケーキに、先日私が作ったプラムのジャムを乗せて。
プラムジャムが美味しかったせいか(爆)、特別美味しいパンケーキでございました。

そしてお夕飯は、ポークリブ。



3時間ほどオーブンにつきっきりだったショーン。
ひたすら母乳には悪そうだけど、一生懸命作ってくれたし、お誕生日なので目をつぶろう。
とろけるように柔らかいポークリブは絶品でございましたわ。

最近のショーンはお料理上手なんだよね〜。
エルが生まれて以来、まともに家事ができない私に代わって、掃除洗濯を始め、買い物、夕飯の用意から後片付けまで全部ショーンがやってくれる。
どうやらショーン自身、料理の楽しさを発見したらしく、私が「手伝おうか?」って言っても、「いや、いい!僕が作る!」と断られるくらい。
レパートリーも増えて、お好み焼きから親子丼、牛丼、豚肉の生姜焼き、牛肉とにんにくの芽の甘辛炒めなどなど、およそアメリカ人が作ったとは思えないようなメニューばかりが食卓に並びます。
基本は短時間でできるもの。当然炒め物系が増える結果になるんだけど、私としては頼もしい限り。そしてやっぱり和食は美味い!
これからも精進していただかねばのう。イヒヒ

そしてプレゼントもいただきました。
なぜか誕生日にはレシピ本を買ってくれるショーン。
今回もやっぱりレシピ本でしたわ。それも4冊も。
そのほとんどがフードネットワークで私が贔屓にしている料理人のものばかり。あとはキングアーサー(ちょっぴり高級な小麦粉メーカー)の分厚いお菓子の本。
なんとまあ嬉しいじゃあございませんか。

さてさて、そしてこの方。



エルさん、3ヶ月になりました〜。
もう3ヶ月?!って感じでもあり、あれからまだ3ヶ月しか経ってないんだーって感じでもあり。
でも順調にすくすく成長していくエルを見守っていくのは、なにものにも代えがたい喜びでございます。
生まれてたった3ヶ月だけど、色んなことができるようになったよ。
まず、手。
生まれてからずっと固く結ばれてた手がようやく開いて何かを掴むことができるように。それに体を手で支えようとするしぐさも表れ始めた。
首もほぼすわってきたので縦抱っこが大好きになった。それに伴って首がうまく動かせるようになったので、呼ぶと振り向くし、私が少し離れるとずーっと目で追う。追い続ける。5分経つと泣く。
あと、よく声を出すようになったね。あーあーとか、うーうーとかだけど毎日元気よくおしゃべりしてるよ。

体の成長としては、

身長63?
体重5600g

こないだ身長測ったら66センチくらいでビビったんだけど、今日測ったら63?でした。それでもだいぶ高めだね。
なので、まだ3ヶ月なんだけど、6ヶ月〜9ヶ月用の服を着せてるのよ。それでもギリギリって感じ。
その割には体重は平均より若干低め。つまりスリムなわけよ。いったいいつになったらぷくぷくしてくるのかと思ってたら、どうやら横ではなく縦への成長が著しくて栄養が脂肪までまわらないみたいね。
母乳は足りてるみたいだから特に心配はしてないんだけど、早くぷっくぷくになってくれないかな〜。
あ、それと髪の毛がだんだん増えてきた。おでこの生え際の毛が濃くなってきた気がするのよ。
瞳の色は、濃紺から青味がかったブラウンに少しずつ変色。どうやらエルさんの瞳の色は私譲りらしい。
そんなこんなで順調な成長を見せているエル。
これからも元気に育っておくれ〜。

「ん?なんか頭にあたってる」



「誰でつかぁ?」



「あ、ダディ〜」




  1. 2008/07/29(火) 19:59:39|
  2. エルのこと|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:16

地獄のネントレ、その後2

地獄の泣かせるネントレを始めて早10日。
一進一退、いや、一進二退の日々でございます。
でも確実に言えるのは、5〜10時間というばらつきのあったエルの睡眠時間がかなり決まった時間寝るようになってきたこと。
ネントレを始めてから、だいたいぐずっても9時前までには寝るようになったし、朝は6時から7時の間くらいに目が覚める。
つまり9〜11時間くらいは寝てくれるようになった。睡眠時間が長くなった上にばらつきもなくなったわけです。
これはかなりの効果と言えるんじゃなかろうか。ただ、相変わらず寝つきは恐ろしく悪い。やっと最近になって泣いているよりも静かにしている時間が長くなってきたんだけど、それでもなかなか寝れないみたいで、目を開けてじーっとしている時もある。
寝てしまえば朝までぐっすりなんだけどね〜。

その代わりなのか、昼寝の時の睡眠時間が短くなってしまった。昼間もネントレで寝かしつけてるんだけど、寝ても平均30分で目が覚める。でも寝つきは夜よりもいいみたい。
せめて1回の昼寝で1時間くらい寝てくれると、家のことももう少し色々できるんだけどなー。
今はエルがやっと寝たと思って大急ぎで顔を洗って着替えてニャンコのトイレを掃除したらもう目が覚めて終わりだもんね。
エルが起きてる時間はできる限り相手にしてあげたいので、その間は家事の一切ができない。
皿を洗う時間もないんです。つってもディッシュウォッシャーにお任せなんだけどね。それだってディッシュウォッシャーに食器を突っ込んで洗浄剤を入れてっていうなんだか効率がいいんだか悪いんだか分かんないような作業をしなきゃいかんわけですよ。ま、あるだけありがたいんだけど。
もちろん私の毎度の食事も先送りかスキップ。でも痩せない!なぜゆえに?

しかし、エルさんの粘り強さには毎回負けそうになるよ。てか、実際何度も負けてる。
だから一進二退なのかもな。私が負けるたびに後退する、みたいな。。。
でも本当に少しずつなんだけど、確実に前進しているって実感はあるよ。

今はまだ、静かになってやっと寝たかな〜っと思ったらまた目を覚ましてぐずぐずするのよね。
それを何度も繰り返してやっと寝るって感じ。
↓寝てるようでまだ起きてます。



この後またギャン泣きを数分やって寝たみたいだから見に行ったらこれ。



ブランケットはあらぬところまで蹴られており、エルさんはクリブの柵とスヌーピーの間に挟まるようにして寝ておられました。
元の位置に戻すと起きちゃうから、目が覚めるまでこのままです。
もちろん夜もね。
こんな感じで、時々移動していたりブランケットが蹴られてどっかいっちゃったりする時があるので、夜中もパトロールが必要なのです。それでも心配なので、パイル地のスリーパーの下に肌着を着せて寝かせてるよ。サンディエゴの夜は夏でも寒いんでね。

時々昼間おっぱい飲んだ後、ナーシングピローに乗っかったままウトウトするエル。



普段もこんな風にころっと寝てくれるといいんだけどな〜。
たまにこのまま本格的に寝る時もあるので、手元に本は欠かせない。じゃないとエルをひざに乗っけたまま途方に暮れるハメになるのでね。

差し出された小さい手が愛しい。




  1. 2008/07/25(金) 07:36:39|
  2. ねんねトレーニング|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:4

地獄のネントレ、その後

先週水曜日から始めた地獄の泣かせるネントレ。
ええ、そりゃあもうまさしく地獄のような日々でこざいますわよ。
毎日夜が来るのが恐いくらい。
最初の2日間はそれぞれおよそ1時間半泣き続けて眠りについたエル。
3日目以降は30〜45分くらいギャン泣き&ふぎゃふぎゃ言いながらやっと寝てくれる感じ。でも一旦寝ると、朝まで8〜10時間はがっつり寝てくれるから、うちの場合は、とにかく寝つきの部分だけのトレーニングなわけです。
しかしこれがなかなか難航してるのよ。

そんなこんなで効果が出てきている実感がイマイチ掴めないまま突入した6日目。
この日は夕方早い時間から眠さのためぐずぐずだったエル。
これなら寝付くのも早かろうと普段より少し早い6時15分ころクリブへ。ノンタンの絵本を読んであげて、おやすみを言って傍を離れる。その後はエルからは見えないところで寝るまで待機。
ところがこの日はいつもより泣き方が派手。ギャンギャン泣いてる。そしていつまでたっても泣きやむ様子がない。
心配でおよそ10分おきになだめに行くんだけど、見に行くと抱っこをせがんで余計泣く。何度かダイパーを替えてあげてその度に頭を撫でてあげながら、「1人でねんねしても恐くないよ。大丈夫なんだよ。また明日会おうね。おやすみ。」と、声をかけクリブを離れる。声をかける時には泣き止んでいるんだけど、おやすみを言ったら私がいなくなるのが分かるのかまたギャン泣き。
もともとかなり疲れている様子で、眠りたいんだろうけどなぜだか全然眠れないエル。
結局最終的に寝たのが、1時間半後の7時40分頃。

いったい何がいけなかったんだろう。いつもより早めにクリブに寝かせたのがいけなかったのか、もしくは昼間のお昼寝に久しぶりにスリングで寝かしたのがいけなかったのか。
いずれにしても、うちのエルにはもしかしたら寝かせるネントレは向いていないのかもな。でももしここで挫折したら今までの苦労が水の泡になるだけでなく、エルにとっても訳の分からない惨めで寂しい1週間だったってことになりかねない。
それは可哀想すぎる。
私にとっても苦い思い出にしかならないわけだし、何より挫折後のこれからの寝かしつけを考えると気が重い。
泣かせるネントレはおよそ1週間くらいで、「劇的」に寝付きがよく&長時間眠れるようになるそうな。
もちろんベイビーは十人十色なわけだから100%誰にでも有効だとは思ってなかったけど、ここまでてこずると私の決心も鈍る。もともと泣かせっぱなしには強い抵抗感があるし、何より泣いている我が子を抱っこして泣きやませることができないのには心が痛む。
エルも相当頑固者だとは思うけど、私はそれに負けないでこのネントレをやり通すことができるんだろうか。。。
そして果たしてこのネントレをやることによる悪影響は本当にないのだろうか。
これはエルにとって本当にいいことなんだろうか。
疑問ばかりが浮かんでくるけど、それに答えてくれる人がいないのは辛いな〜。
暗中模索とはまさにこのことだね。


  1. 2008/07/21(月) 20:02:06|
  2. ねんねトレーニング|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:22

地獄のねんねトレーニング

実は一昨日の夜からエルのねんねトレーニングを始めた我が家。
もうショーンも私も体力気力共に限界だったので、思い切って踏み切った
「泣かせるネントレ」
いや、無理やり泣かせるわけじゃないよ。
要は、ぐずぐず泣いているのを放置プレイで寝るまで待つというもの。
でもさすがに初日は私の方の気持ちの準備不足で一緒のベッドに寝かせたんだけど、スタート時間が遅く、ってか一度寝たのに起きちゃったから夜の9時半前からスタート。
私もすぐ隣で横になって、ギャンギャン泣いてるエルに歌を歌ったり、手を握ってあげたり、おなかをトントンしてあげたりと、あの手この手で寝かしつけるもなかなか難しい。
手足を思い切りバタつかせてギャン泣きしているエル。抱っこしてあげればすぐに泣きやむことはわかってるんだけど、それをじっと我慢してずっと歌ってあげる。でも「抱っこしてくれるまで泣きやむもんか!」っていうエルの強い意志を感じ、くじけそうになる。。。
いや、ここで抱っこしたら私の意図するところとまったく違うメッセージをエルに送ってしまうことになる。

「1時間でも泣き続けたらママが抱っこしてくれる。」

違う!それはダメだわ!と、地蔵になったつもりで我慢我慢。
そしてようやくぐずぐず言いつつも寝てくれたのが23時くらい。
私の指をぎゅっと握り締めながら寝てくれました。
結局1時間40分くらいかかった!

そして昨日。
本格的なねんねトレーニングを始めるにあたって、エルにはクリブで寝てもらうことに。
最初はショーンの抱っこでうとうとし始めたところをクリブに移したら、そのまますんなり寝たので、おおっ!って思ったんだけど、30分後に突然目を覚ましてギャン泣き開始。
でもここで抱っこしたら昨日の苦労が水の泡。じっと我慢する。
泣き喚くエルを見守ってたら、思わず涙がこぼれた。
例えようもない罪悪感と、私は本当に正しいことをしているんだろうかという疑問。
もちろん私自身、泣かせっぱなしにすることに対して相当な抵抗感があるし、いいことだとは微塵も思ってない。だけど、このまま毎晩のように展開される5時間にも及ぶ寝ぐずりをやり過ごしていくには限界がある。
やっぱりここで耐えるしかないな。。。月齢があがればそれだけ知恵が付いてお互いもっと辛くなるし。
ショーンも相当気になるらしく、「ねぇ、おっぱいあげた方がいいんじゃない?もう1時間経つよ。」とか、「ダイパー濡れてないかな?」とか、いちいち不安に駆られてた。

アメリカの育児書には、「生後3ヶ月までのベイビーが泣いていることに対して何も気に病むことはありません。なぜならベイビーは泣くのが仕事だから。悲しくて寂しくて泣いているわけではないのです。そのまま泣かせなさい。そして部屋から出て行きなさい。」って書いてある。
でも同じページには、そうやってねんねトレーニングをしたパパとママの苦悩についても紹介されてた。「初日のその夜、パパはベイビーが窒息でもしてしまうんじゃないかと心配でクリブの傍の床で眠り、ママはカウチで泣きながら夜を明かした。」
やっぱりアメリカのパパママも泣きながらトレーニングしてるのね。

そうして放置プレイを続けること1時間25分。やっと静かになって寝てくれた。初日より15分短い時間で寝てくれたけど、それはたまたまだろうな。
しかし、隣の部屋で寝るエルのことが気になって気になって逆に私の方が全然寝れなかった。一度寝付くとかなりの時間寝てくれることは分かってるのに、1時間おきくらいに見に行ってはブランケットを掛けなおしたり、窓を閉めたり開けたり。
で、結局エルは9時間爆睡してくれたんだけど、私の方はなんだか寝不足。これじゃ本末転倒だわね。

まだ2日しか経ってないので、果たして効果が上がってきてるのかはまだ分かりません。
でも今日、午前中の昼寝をさせる時もクリブに寝かせたら最初の10分弱ぐずぐず言ってたけど、その後すーっと寝てくれたので、これは今後に期待ができそう。
とりあえず、上手に寝れるまで続けようと思いますわ。


  1. 2008/07/18(金) 09:01:55|
  2. ねんねトレーニング|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:6

毎日ヘロヘロっす。。。

ちょっぴりご無沙汰でしたね。みなさん如何お過ごしですか?
ワタクシときたら、毎晩深夜まで展開されるエルの寝ぐずり騒動でヘロヘロです。
5時間6時間のぐずぐずは当たり前。3時間以内なら今日は楽だったねーって感じですわ。うちの子どこか悪いんじゃなかろうかって疑うほどのこの寝つきの悪さ。つーか、ホントに大丈夫なんだろうか?
おかげさまで私の腰はそろそろ限界かも。最近のエルのお気に入りはスリングの中。本人はこの中で寝入るのが安心していいらしいんだけど、寝かしつけの度にやらされるこちらとしてはもう大変。
でもさ〜、ギャン泣きしててもスリングを見た瞬間泣き止むからね。その効果たるや絶大なわけですよ。
もうこうなったら私の腰のことなんて構ってられないわってなもんで、激痛に耐えつつもスリングで寝かしつける毎日。
ショーンはエルがぐずるとすぐにキレるので、夜の寝かしつけはあんまりさせないようにしたの。だって殺されたら困るじゃん?←考えすぎ?
その分私の負担は倍増。ホント辛い。このままだとアタイどうにかなりそうだわよ。

そんな日々ぐったりな私をよそに、うちのネコ達はのん気なもんです。そりゃあもう憎らしいほどに。。。
昨日も私が躍起になってエルを寝かしつけていた昼間。
きーぼうはにゃんこハウスをぶっ倒して遊んでおいででした。



きーぼうの華麗なおみ足が。



中はどうなってるんだろうか。



なにもそんな無理な体勢しなくてもねぇ。。。

↓10分後。



生まれた!あら、でも逆子だと思ってたけど?

↓さらに30分後



また戻った!

そうこうしているうちにやっと寝てくれたエル。
クリブに移しても寝続けてくれました。



ただし、30分だけね。
寝かしつけに40分かけたのに、寝たのは30分だけ。。。せめて寝かしつけ時間の倍くらい眠ってくれると多少はこの苦労が報われるんだけどな〜。
今夜も長い夜になりそうだわ。。。


  1. 2008/07/16(水) 13:45:23|
  2. にゃんにゃん!|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:14
次のページ