雪 月 花

南カリフォルニア・サンディエゴから日本へ永住帰国。 ゆらゆらと漂う気まま生活

夏か?

今日は暑かった!
春を通り越していきなり夏がきた。
あまりにも急な夏日だったから体がついていきませんよ。
でも3日前はこんな風。



ちょっと肌寒かったのでジャケット着てます。



でも今日はTシャツ一枚でも暑いくらいでしたわ。



明日からはまた涼しくなるみたい。こういう暑い寒いの繰り返しって結構体が疲れるんだよね。



まだ一人ですべり台は恐くて滑れないソフィ。



ダディ、助けてー!!



ダディと一緒だと安心だね。




  1. 2011/03/31(木) 20:33:26|
  2. 日々のこと|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

未来バンク事務局長 田中優 氏 「原子力発電の現状」







  1. 2011/03/28(月) 19:37:29|
  2. 地震・原発関連|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

福島クライシス

土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算

 東京電力福島第1原発の事故で、高濃度の放射性物質が土壌などから確認された福島県飯館村の汚染レベルが、チェルノブイリ原発事故による強制移住レベルを超えているとの試算を、京都大原子炉実験所の今中哲二助教(原子炉工学)がまとめた。

 飯館村は原発から北西約40キロ。今中助教は、原発の状況が分からず被災地各自の事情もあるとした上で「避難を考えた方がいいレベルの汚染。ヨウ素やセシウム以外の放射性物質も調べる必要がある」として、飯館村で土壌汚染を調査する方針だ。

 文部科学省の調査で20日に採取した土壌から放射性のヨウ素1キログラム当たり117万ベクレル、セシウム16万3千ベクレル、雑草からヨウ素254万ベクレル、セシウム265万ベクレルが確認された。土壌中のセシウムは通常の1600倍以上だった。

 今中助教は、土壌のセシウムで汚染の程度を評価した。汚染土を表面2センチの土と仮定すると1平方メートル当たり326万ベクレルで、1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故で強制移住対象とした148万ベクレルの2倍超、90年にベラルーシが決めた移住対象レベルの55万5千ベクレルの約6倍だった。

 今中助教は「国は原発周辺の放射性物質を詳細に調べて分析し、ただちにデータを公開すべきだ」と話している。セシウムは半減期がヨウ素(8日)と比べ30年と長く、汚染の長期化が懸念されている。

【 2011年03月28日 15時52分 京都新聞 】


スリーマイル事故の14万倍 福島事故の放射性物質

 東京電力福島第1原発の事故で放出された放射性物質の量は、1979年に発生した米国のスリーマイルアイランド(TMI)原発事故で放出された量の14万〜19万倍に上るとの試算を米国の市民団体、エネルギー環境調査研究所(IEER)のグループが29日までにまとめた。

 IEERのアージャン・マキジャニ所長は「事故の深刻度の国際評価尺度で、TMI事故と同じレベル5だとする日本の公式見解は、幻想としか思えず、多くの誤解を招くものだ」と批判。評価尺度はより深刻なレベル6に当たると指摘した。

 IEERによると、事故でこれまでに環境中に放出されたヨウ素131の量は240万キユリー(1キユリーは370億ベクレル)と推定され、これだけでTMI事故の放出量の14万倍。これに加えて、放射性のセシウム134とセシウム137が計50万キユリー程度放出されたとみられ、合わせると放出量は19万倍に達する。

 IEERによると、放射性のヨウ素もセシウムの量も旧ソ連のチェルノブイリ原発事故で放出された量の10%程度。だが、チェルノブイリ事故の放出源は原子炉1基だけだったのに対し、福島の事故の場合、三つの原子炉と四つの使用済み燃料プールが放出源になったとみられ、半減期が約30年と長く、体内に取り込まれやすいセシウム137の量も多いため、環境への影響が長く続くことが懸念される。

 マキジャニ所長は「日本政府は、事故の実態を市民によりよく理解させるため評価をレベル6に引き上げ、これまで放出された放射性物質の量や、今後予想される放出量などを詳細に公表すべきだ」としている。

2011/03/29 08:52 【共同通信】


津波の危険性、専門家が2年前に警告 福島第一原発
2011.03.28 Mon posted at: 15:33 JST [CNN.co.jp]

東京(CNN) 東日本大震災に伴う事故で深刻な事態が続く東京電力の福島第一原子力発電所について、専門家が2年前に津波被害の危険性を指摘していたことが分かった。独立行政法人産業技術総合研究所の活断層・地震研究センター長を務める岡村行信氏が27日、CNNとのインタビューで語った。

岡村氏は2009年、東電との会合で、869年に起きた貞観地震・津波では福島第一原発のある地域が壊滅的な被害を受けたと指摘、安全対策の必要性を主張した。この問題にだれも言及しないのは「おかしい」と考えて声をあげたと同氏は振り返る。

だが、この警告には「だれからも、何の反応もなかった」という。同氏によれば、この会合で想定されていたのはデータが入手しやすい1938年の塩屋崎沖地震だった。同地震で報告された死者は1人だった。

東電は地震発生後、多数の記者会見を重ねてきたが、情報提供が不十分だとする声も目立つ。枝野幸男官房長官は27日、現場の作業員3人が被爆(ひばく)した問題についての記者会見で「必要な情報を正確、迅速に報告してもらわないと、政府としても適切な指示が出せない」と東電の対応を批判し、報告の徹底を求めた。

原発事故をめぐっては、政府自体の対応にも批判が集まっている。共同通信社が26、27両日に実施した世論調査によると、震災後の政府の被災地対策については約58%が「評価している」と答えたのに対し、原発事故への対応を「評価する」との回答は約39%にとどまり、「評価していない」が約58%に達した。

一方、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は27日、CNNとのインタビューで、菅直人首相と18日に会談して情報開示を進めるよう求めた結果、首相が最大限の透明性を約束し、情報の流れは当初に比べ改善されたと述べた。


  1. 2011/03/28(月) 19:00:18|
  2. 地震・原発関連|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

勉強しる!

日本という国が本当はどんな国なのか知ろう。
以下はお勧め書籍の一部。





  1. 2011/03/27(日) 20:15:46|
  2. 銀子のお薦めいろいろ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

原発について真剣に考える時がきた

原子力発電所はもういらない。





なにが非核三原則だ。笑わせるな。
日本にはすでに54基もの原爆が存在している。
今、国内にある一つの原爆が爆発した。
次はどれだ。
もう見て見ぬふりはできない。私達は声を大にして叫ぶ時がきた。
子供達の未来を守るために、全国にあるすべての原発の即刻停止を強く求める。


  1. 2011/03/26(土) 19:25:47|
  2. 地震・原発関連|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
次のページ